« 2018年5月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2016年6月 6日

口元の突出感を小臼歯抜歯して治した患者さん

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。
副院長の大隈の産休中は、一部の時間帯や予約内容により予約がとりにくく、ご迷惑をおかけしております。お手伝いいただいている非常勤ドクターのお力をお借りしながらスタッフ一同一生懸命業務に励んでおりますので、今しばらくアポイントの時間帯などご協力をいただければ幸いです。

そういうわけで、ブログの更新頻度も下がってしまっていますが、症例検索システムの事例登録だけはなんとか継続しておりまして、500症例も目前です。基本的には、個別の細かいことよりも、医院を選ぶのに決め手をもたないアマチュアである患者さんが、「コンスタントにきれいな歯並びで、しかも上下がかみ合っている写真」を多数見ていただいて、「ああ、これなら私もこのくらいにはなるはずだ」と思っていただけることを目指ししています。
まずは検索でも構いませんし、「今月の一覧」を上から下まで見ていただくといいと思います。

今月は一症例ピックアップしてご紹介します。

口元の突出感、笑ったときに歯ぐきが見えるのを治したいというご希望で来院された15歳の女性患者さんです。上下左右から小臼歯を合計4本抜歯の上で、マルチブラケット装置により治療を行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

治療前の上下の歯並びの写真をご覧いただければおわかりのように、決して凸凹や歯列(歯並び)か大きく外れている歯はないのですが、口元の突出感の変化は歴然としています。 上下顎前突(口元が出ていること)という呼び方をするのですが、このような変化は、やはり4本の小臼歯を抜歯しないとなかなか出ないと考えます。

Google +1
2015年9月 5日

上下顎前突(上下とも前歯が出ている)の治療例

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。
今月も、治療終了事例一覧からピックアップして解説をしたいと思います。
患者さんは初診時15歳の女性です。歯のガタガタや並びの乱れは少ない患者さんでしたが、全体的に前歯が前方に傾斜して、口元の形の改善もご希望になって来院されました。

No.12V-136

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

小臼歯を4本抜歯して、マルチブラケット装置により治療を行いました。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

上唇のS字状のラインが出て、すっきりとした口元になりました。
どの程度引っ込めるのがいいのか、小臼歯の抜歯はするのか、どのような装置を使うか、と言う点は矯正歯科医の間でもよく議論になりますが、美的な目的、前歯の位置の安定のために抜歯をした方がよい、もしくはするべきケースと言うのは、間違いなくあると思っています。

Google +1
2015年2月 2日

口元の突出感と叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の治療例

さいたま市大宮区ソニックシティビル12F ファミリア歯科矯正 院長の大塚です。 今月も、(お子さんの第一期治療、前半治療を含む)11症例の治療終了事例を掲載しましたので、その中からおひとり詳しく解説をします。

上下顎前突(口元が出ていること)と叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)がある成人女性の治療です。
上下左右とも、第一小臼歯(前から4番目、犬歯の後ろ)の歯を4本抜歯して、前歯全体を内側に入れながら治療を行いました。
あまり前歯を内側に倒しすぎてしまってもいけないのですが、加減をみながら前歯を下げておりますので、治療後に口元もすっきりきれいになりました。

No.10V-321

主な症状:
上下顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
30歳
性別:
女性
≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

矯正治療をするのに小臼歯を抜歯するか否かは、先日のブログでもご紹介した大家・Dr. Angleの時代から論争のある案件です。 ただ、「凸凹があって、口元が出ているのを治したい」という患者さんであれば、非抜歯で拡げていけるのは横と後ろだけ。(前に出したら治療前より悪くなっちゃいますよね!?)ある一定割合で、抜歯をした方がよい患者さんはいると考えております。

「今は矯正用アンカースクリュー、矯正用インプラントがあるから、それを支えにすれば後ろに全て下げられるようになった、という考え方はありますが、それができるのは「後ろにゆとりがある人」に限られると考えています。この方は、左には後ろにゆとりがありませんでした。

Google +1

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1