« 2024年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2022年2月 5日

右下の神経のない奥歯を抜いて、親知らずをはやしたケース

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

オミクロン株の感染拡大に伴い、PCR陽性・濃厚接触・学級閉鎖・自宅待機等の方も増えております。当院でも、スタッフやその家族の検査結果待ちなどがあれば、念のため出勤を見合わせるなどの対応をとりますので、予約通りの診療ができないこともあるかもしれませんが、このような状況ですので、ご容赦ください。また患者さんの予約変更・キャンセルについても、治療契約期間等には影響しませんので、躊躇せず予約をご変更くださって構いません。

さて、本日の記事では、過去症例から親知らずを有効活用した過去のケースを紹介しようと思います。

No.14V-086

25歳
性別:
男性

抜歯部位
下:
6|8

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
82万円

でこぼこを治したいとのことで来院された成人男性です。叢生(でこぼこ)のマルチブラケット装置による治療です。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

下の親知らずを左右抜歯する方法と、右下は神経の無い第一大臼歯(黄〇)を抜歯する方法のうち、第一大臼歯を抜いて親知らず(赤〇)を使う方法を選択されました。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

右下で奥歯の入れ替えを行いましたので、治療後には赤丸で囲んだ親知らずが直立して、かみ合わせに参加しています。受け口気味ででこぼこだった前歯もきれいに改善しています。
治療の難易度、期間は増えますが、神経の無い歯を選んで抜くのも一法です。こちらの患者さんは、3年半の動的治療期間、40回を超える来院が必要でした。

Google +1

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1