« 2018年5月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2015年9月 5日

上下顎前突(上下とも前歯が出ている)の治療例

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。
今月も、治療終了事例一覧からピックアップして解説をしたいと思います。
患者さんは初診時15歳の女性です。歯のガタガタや並びの乱れは少ない患者さんでしたが、全体的に前歯が前方に傾斜して、口元の形の改善もご希望になって来院されました。

No.12V-136

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

小臼歯を4本抜歯して、マルチブラケット装置により治療を行いました。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

上唇のS字状のラインが出て、すっきりとした口元になりました。
どの程度引っ込めるのがいいのか、小臼歯の抜歯はするのか、どのような装置を使うか、と言う点は矯正歯科医の間でもよく議論になりますが、美的な目的、前歯の位置の安定のために抜歯をした方がよい、もしくはするべきケースと言うのは、間違いなくあると思っています。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.familia-ortho.or.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/469

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1