« 2020年3月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年3月31日

現在経過観察中の方の診療について(追記3/31)

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

現状当院は、通常診療をしておりますが

4/4まで(3/31に更新しました)

リテーナー使用中、成長観察、などで4~12か月ごとの来院

をされている患者さん方は、予約を延期させていただきます。

順次メールにより、エラーや未登録で届かない方はできるだけお電話にて連絡しております。連絡が来ない!という方は当院フォームやお電話より確認のご連絡をくだされば幸いです。
代替診療日として、5/30(土曜日)を一日確保してございます。

現在歯の移動を行っている方は、当面、患者さんのご判断にお任せいたします。
通院のための公共交通機関による移動、その他、受診を躊躇するお気持ちがある方は、遠慮なく予約をご変更ください。(やむを得ない事由によるキャンセルとして処理いたします。)

Google +1
2020年3月24日

コロナウィルス対策に関して患者さん方へのお願い

ファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

2月の記事に投稿しました、患者さんへのお願いをまとめて掲載します。(追記3/25)

新型コロナウイルスの流行に伴いまして、

(1) 発熱やせき、息切れなどの症状がある間は、当院の受診を控えてください。

(2) 待合室でお待ちになる付き添いの方は、患者さんお一人につき一名まででお願いいたします。(診断・コンサルテーションのご予約は除きます。)

(3) ドクター、スタッフともマスク着用のまま説明等をさせていただきます。

(4) 追記)緊急の診療日変更等のご連絡のため、こちらからメールアドレスの登録をお願いしています。

ご不便をお掛けいたしますが、事情をご賢察の上、ご協力をお願いいたします。

治療器具はもちろんですが、待合室のソファーやドアノブなどの診療前後の清拭・消毒も可能な限り行っております。

ファミリア歯科矯正 院長 大塚 亮

Google +1
2020年3月 1日

カスタムメードのマウスピースによる矯正治療

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

終了症例の事例集から一例紹介しますが、コロナウィルス関連の記事をトップに持ってきているため、実際の投稿日時と相違がありますことをご了承ください。

かなりポピュラーになってきた「カスタムメードのマウスピース」の一種、アラインテクノロジー社のインビザラインを使用して治療した成人女性を治療しました。
インビザラインをはじめとするマウスピース型の矯正は、トラブルが非常に増えているらしく、「薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。」との記載をすることが求められております。

当院も光学スキャナ iTero elementを2年前に導入し、ケースを選びながらではありますが徐々にインビザラインを適応しています。本ケースは反対咬合(受け口)と空隙歯列(すきっ歯)の組み合わせで、インビザラインが適応可能と判断しました。


No.16V-424

反対咬合・空隙歯列
成人女性

カスタムメードのマウスピースの一種インビザライン(薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。)で治療を行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

修復・補綴(治療をしてある)歯が多数あります。下の前歯が前方に突出し、反対咬合(受け口)になって、さらに空隙歯列弓(すきっ歯)の状態です。

≫治療中
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

前歯の被蓋(前後関係)が、上が前・下が後ろの正常な状態になりました。側方歯(横の歯、犬歯より後ろ)はまだかみ合っておらず、ここからがインビザラインは期間が長めに必要な場合がある印象です。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
<>反対咬合(受け口)・空隙歯列弓(すきっ歯)ともきれいに改善しました。治療期間は2年半、マルチブラケット装置(金具)よりは少し長くかかっているかもしれません。治療費は90万円です。

Google +1
2020年2月28日

患者さんへのお願い 平常診療しておりますが、、

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

患者さんへのお願いです。

新型コロナウイルスの流行に伴う感染対策の一環として、当面の間、待合室でお待ちになる付き添いの方は、患者さんお一人につき一名 としていただきますよう、お願い申し上げます。
ご不便をお掛けいたしますが、事情をご賢察の上、ご協力をお願いいたします。
(診断・コンサルテーションのご予約は除きます。)

Google +1
2020年2月26日

患者さんへのお願い(コロナウィルスについて)

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

新型コロナウイルスの流行に伴いまして、発熱やせき、息切れなどの症状がある間は、当院の受診をお控えください。

当面の間、ドクター、スタッフともマスク着用のまま説明等をさせていただきます。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ファミリア歯科矯正


また日本歯科医師会も下記の通知を発表しています。
----
患者さんへのお願い

発熱やせき・息切れがあり、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所あるいは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。   
----
以上よろしくお願いいたします。

Google +1
2020年2月25日

大宮歯科医師会 第二回市民公開講座の中止連絡

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

当院でもご案内を配布させていただいておりました、大宮歯科医師会主催の第二回市民公開講座が、今回のコロナウィルスの感染拡大防止のため中止となりました。

20200225市民講座中止.jpg

よろしくお願いいたします。

Google +1
2020年2月 4日

床矯正のやり直しの男子高校生症例

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。
今月も症例検索システムに新しい終了ケースを登録したのですが、今日は先月分の、床矯正(患者さんは「歯列育形成」を受けた、とおっしゃっていましたが)のやり直しを当院でおこなった男子高校生症例をお見せしたいと思います。

No.16V-469

16歳
男性

重度の開咬(前歯が咬みあわない)と、叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)を有する高校生男子です。

≫治療前

小学生のころ「歯列育形成」治療という「床矯正」装置のような取り外し式装置で治療をしていたらしいのですが、下の奥歯の位置などに床矯正による拡大により、異常が出ていました。
第二大臼歯=十二歳臼歯のはずが、高校生になっても左上は萌出不全(出てこられない)、下は左右とも内側に倒れ込んでいます。さらにその一本手前の第一大臼歯=六歳臼歯はおそらくその「治療」によって過度に拡大されたのでしょう、外側に不自然に膨らんでいます。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

奥歯が不自然な向き、位置に持っていかれてしまうと、かみ合わせがくずれてこのような開咬になるというのは、(本来あってはいけないはずなのですが)しばしば目にします。
「目標のない」歯列拡大の怖いところです。
当院での治療は、上下左右から小臼歯を一本ずつ抜歯して、マルチブラケット法を用いて治療を行いました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

これまではこのようなやり直し症例、矯正歯科専門医を嘆かせる治療といえば「床矯正」「小児期の拡大のしすぎ」が定番でしたが、最近はそこにマウスピース矯正、インビザラインとその模倣品にプレオルソなどの既製品も加わって、ますます混沌としてきています。
「治療」といえる範囲で収まっているのであれば、もちろんどこで誰が何をしてもいいのですが、中には「いったいこれは何をしているのだろう??」というものも決して少なくありません。これから始まる「新・矯正歯科専門医制度」がそんな状況を改善する第一歩になるといいのですが。

Google +1
2020年1月15日

歯科の専門医

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

読売新聞の記事に 
「矯正、インプラント、歯周病、入れ歯......新しくできる専門医制度は歯科医選びの決定版になるか?」 なるものがありました。

矯正の専門医が日本矯正歯科学会と、そこから派生した日本成人矯正歯科学会、日本矯正歯科協会の合わせて3つがあること、など世間からは知られていないことも含めてなかなか深堀している良記事でした。

マウスピース矯正の問題点も簡潔にうまくまとまっています。
皆さまご一読を。

Google +1
2020年1月 6日

あけましておめでとうございます。

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

本日1月6日(月曜日)より、通常診療を開始しております。

本年もよろしくお願いいたします。

----

副院長の大隈先生に、日本矯正歯科学会専門医試験合格通知が届きました。
これで当院は、全国でも数少ない日本矯正歯科学会専門医が常勤で2名在籍する医院となりました。日本矯正歯科学会の認定する「専門医」試験は実はこれが最後です。

まもなく、他の矯正歯科に関連する2団体と合同で「統一専門医」制度が立ち上がり、3月には第一回の試験が行われる予定です。この制度が立ち上がった後は、混乱を避けるために日本矯正歯科学会の専門医を「臨床指導医」という名称に呼び変えることが決まっているためです。

この統一専門医は日本矯正歯科専門医機関が認定します。第一回の受験資格は2017年までにいずれかの学会・団体の矯正歯科専門医資格を有す歯科医に受験資格がありますので、今回は院長の私が受験します。

Google +1
2019年12月23日

マウスピース矯正専門

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

雨後のタケノコのように
「当院はマウスピース矯正の専門医院です!」
みたいなのが出来ているように思われますが、
後から
「ちゃんと調べて行けば良かった」
「矯正歯科の専門医とマウスピース矯正の専門って、違うんですね」
と嘆かれても、
覆水盆に返らず、の場合がありますので良く調べてくださいね。。。

インビザラインを中心としたマウスピース矯正に関しては、ガラパゴス状態の日本の「床矯正」問題に比べればまだましなのかもしれません。
それとも大きな企業が参入したり、アラインテクノロジー社にお金が唸っている(?)からもっと酷いことになるかな。。。

珍しく完全なTweet投稿してみました。

Google +1

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1