« 2021年1月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2021年1月 8日

緊急事態宣言中の診療に関して

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

昨日2021年1月8日、一都三県に緊急事態宣言が発出されました。
当院は、通常通りの診療日・診療時間で診療を継続いたします。

ただし、通院や公共交通機関の使用に不安がある方は、予約を先に延ばしてくださって結構です。この場合のキャンセルは、治療契約期間や終了時検査費用には関係いたしません。


感染対策として継続して

 〇 待合室・治療室の密集を回避
  ・小学校3年生以下のお子さんを除いて、付き添いの方の入室を避けてください。
  ・付き添いの方は一名までとさせていただきます。
  ・長時間の予約内容はできるだけ避けますので、来院回数が増加する場合があります。

 〇 その他
  ・治療開始直前までマスクの装着をお願いいたします。
  ・治療開始時に、クロルヘキシジンうがい薬を使用していただきます。
  ・コンサルテーションや治療後の説明はマスクを着用のまま行います。 
  ・受付、コンサルテーション室にアクリルパーティションを設置します。

の対策を行います。

ご不便をおかけいたしますが、ご協力お願いいたします。
   
 

Google +1
2021年1月 4日

あけましておめでとうございます。

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

新年あけましておめでとうございます。

当院は本日より、診療を開始いたします。
10:30~13:00,14:30~18:00で受付対応いたします。

本年もよろしくお願いいたします。

Google +1
2020年12月26日

本日で年内の診療を終了いたします。

当院は、本日の午後3時半受付をもって、年内の診療を終了とさせていただきます。

12/27()~ 1/3()を年末年始の休診期間

とさせていただきます。

新年は、1/4(月)の10:30より受付をいたします。

休診中の連絡は、サイトのフォームよりお願いいたします。1/4より随時お返事をいたします。

休診中はご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

PS. コロナ禍で大変な一年となりましたが、当院スタッフから感染者が出ることも無く、無事に一年を終えることができました。もちろんウィルス感染はどんなに注意しても避けられないこともあるのですが、無いに越したことはありませんし、医療機関として少なくとも院内での感染は避けないといけません。待合室の立ち入り制限など、ご協力いただいた患者さん方にも感謝しております。

ファミリア歯科矯正 院長 大塚 亮

Google +1
2020年11月 2日

日本矯正歯科専門医機関の二次試験を受けてきました。

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

少し前になりますが、10/5~6にかけて、横浜パシフィコで日本矯正専門医機関の認定する矯正歯科専門医の試験を受けてきました。20年ぶりのマークシートに、筆記試験、面接・口頭試問がありました。
無事に受験を終え、自己採点ではまあ落ちはしないだろうな、というところなのですが・・・

これらの試験に加えて、所属する医療機関のウェブサイトの審査がありまして、当院の症例検索システムの表示だと一部公開に必要な情報が不足しているという指摘を受けました。現在、それらを改修するために、一部の症例を除いて治療前後の写真が出せない状態です。

もともと、できるだけ多くの症例を(見たい方には)お見せできるよう設計してあるので、後から過去にさかのぼって情報を足すとなると、何せ1000を超える症例が登録されているので、いったいいつになったら再開できるか目途が立たないのですが・・・
現在鋭意システムの改修&文章の修正中です。

症例検索システムが無いととても寂しいウェブサイトなのですが、どうぞしばらくご容赦ください。

Google +1
2020年10月 2日

小学生の時に反対咬合(受け口)を、第二期では左上犬歯の埋伏・移転歯を治療したケース

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

長い長いブログタイトルがついておりますが、今月の終了症例から一例解説します。

No.11V-395

8歳
男性

第一期治療で受け口を治し、経過観察後の第二期治療では、犬歯の埋伏・移転歯を正常な位置まで移動させた患者さんです。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

小学生の時に初診来院されたときは、下顎前突・反対咬合(受け口)でした。リンガルアーチで後ろから前歯を押し出したり、リップバンパーで下の奥歯を後ろに起こしたりして、反対咬合改善しました。その後生え代わりや成長観察をしていました。

≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

左上犬歯以外の永久歯がはえそろったため、再検査を行って、第二期治療の方針を立案しました。左上犬歯は、一期終了時の検査から位置不良があったため心配していましたが、結局、犬歯の一本後ろにあるべき第一小臼歯の真上に位置したまま、出てくることはありませんでした。
埋まったままの犬歯を諦めて抜歯する・4番目の第一小臼歯を手前に持ってきて、本来3番目の犬歯を4番目の場所に引っ張り出す、などのオプションも考えられましたが、犬歯を引っ張り出して、正常な位置へ移動する方針を選択しました。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

結果として、正常な位置への移動を行うことができました。引っ張り出した犬歯は、根の湾曲があることがレントゲン上わかりますが、大きな揺れや歯茎が下がることもなく、正常に機能しています。

レントゲン写真の拡大を下に掲載します。犬歯は相当な移動量だったため、歯根の一部の吸収や、頬側(外側)の骨が薄い部分があることを、CTで確認しております。ただ、犬歯の不足を補う(インプラントやブリッジ)場合の破損や外れるリスク、犬歯と第一小臼歯が逆転して並んでいる場合のかみ合わせの問題に比べると、まずは正常な位置へ移動した犬歯を利用できた今回の治療が良い選択であったのではないかと思っています。

内堀 慎也_2016_09_24_001.jpg 内堀 慎也_2020_06_08_001.jpg
Google +1
2020年9月 2日

登録症例が1000症例を超えました。

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

毎月終了症例を更新登録し始めて7年が経過しましたが、今月で総登録症例が1000症例を超えました!

前院長の保母の時代から毎月その月の終了症例を入れ替えながら掲出しておりましたが、ホームページのリニューアルに合わせてデータベースとして蓄積し、検索可能にしております。
治療例を出しているページは他にもあるとは思いますが、1000症例を完全に自院の症例のみで表示できるものはそうそうないのではないかと自負しています。


一症例8月分より詳細を解説します。

No.15V-406

17歳
男性

下顎の第二大臼歯の萌出不全&半埋伏、上顎の第二大臼歯の頬側傾斜を有する高校生男子

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

前歯の凸凹などは少ないものの、第二大臼歯(7番目)が上下ともちゃんと出てきておりません。そのあおりで、第一大臼歯(6番目)のかみ合わせ、接触も不十分になってしまっています。レントゲンで黄色〇で示したように、7番目の第二大臼歯と、その後ろの8番目の第三大臼歯=親知らず が、折り重なるようになってしまっています。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

奥歯に隙間不測のしわ寄せがすべて出てしまっているケースであると判断して、5番目の第二小臼歯を上下左右から一本ずつ抜歯して、スペースを確保しました。マルチブラケット法により治療を完了しました。ほぼ真横に倒れてしまっていた下の下顎第二大臼歯も、まっすぐ直立しております。

小学生などで歯並びを広げすぎると、このような第二大臼歯の埋伏が生じることが、過去の研究でも示されています。小臼歯の抜歯はもちろんできれば避けたいものですが、ある一定以上のでこぼこや奥歯の生え方の異常の場合、十分なスペース確保のため必要な場合もたくさんあるのです。

Google +1
2020年8月15日

明日から夏季休暇をいただきます。

8/16()~21(金)を夏季休暇とさせていただきます。

休診中はご不便をおかけいたしますが、22日土曜日の9:00よりお電話をお受けしますので、急患対応等必要な場合はご連絡ください。

ファミリア歯科矯正 院長 大塚 亮

Google +1
2020年7月 7日

上顎前突(出っ歯)・開咬(前歯が咬み合わない)・叢生

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。
今月の終了症例から一ケースピックアップして紹介したいと思います。
小臼歯の抜歯の必要性について、最後に少し解説しております。

No.16V-211

18歳
女性
上顎前突(出っ歯)・開咬(前歯が咬み合わない)・叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)のある高校生の患者さんです。
≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
特に左上の奥歯のずれが強かったため、こちらを一度後ろに移動して、さらに小臼歯抜歯を併用したマルチブラケット療法を行っています。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

前歯が後退して上下的にもしっかりと被さり、正常咬合になりました。 費用は90万円、治療期間はおおむね3年が必要でした。

このブログでも何度も触れていますが、歯科治療である以上、少しでも歯の本数を維持することは大切なことです。しかし、全ての(28本の)歯が生えた結果、上顎前突(出っ歯)・開咬(前歯が咬み合わない)・叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)が存在している以上、それらの前後的・上下的なずれや、アゴの大きさと歯の大きさのアンバランスを解消するためには、「場所」が必要になってきます。
ですので、このケースでは、合計4本の小臼歯抜歯を行っています。前歯を後退させることができたので、矯正治療後に口元のラインがきれいになっていませんか?
唇が閉じやすくならないと、このようなきれいなS字状のカーブにはなりません。必要な抜歯まで無理に回避すると、歯の本数を助ける代わりに何か無理がかかることがありますので、矯正治療前の診断と治療方針立案は、実際の治療手技と同じかそれ以上に重要です。

Google +1
2020年7月 3日

7月以降診療状況

ファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

・現在、一部予約枠の削減をしながら、平常通りの診療時間で治療を行っております。
治療日は月曜日の隔週休診を一時中止し、木・日・祝日が休診日となります。

・8/10(月・山の日) は祝日ですが、10:00~13:00 14:30~17:00で臨時診療を行います。
・8/16()~21(金)を夏季休暇とさせていただきます。診療日カレンダーをご確認ください。

・引き続き、体調不良・発熱・味覚障害などの症状がある場合は来院を見合わせてください。できるだけマスク着用の上、診療開始時に外すようにしてください。

・診療間のゆとりを確保するため、待合室の混雑=密集 回避のため、平日夕方や土曜日以外の予約が可能な方は、できるだけご協力ください。

・待合室の混雑=密集の回避のため、当面の間、小学校4年生以下のお子さんの付き添い一名まで を除いて付き添いの方の待合室への入室をご遠慮ください。説明用のメモを用意してありますが、さらに説明が必要な場合、後程担当衛生士宛にお電話をください。

・飛沫による感染を防止するため、診療後の説明は最低限とさせていただきます。また、マスクとフェイスシールドもしくはアイガード着用のままでお話させていただきます。
コンサルテーションルーム、受付にはアクリルのシールドを設置しております。

・処置ごとのリスクを考え、飛沫の飛びやすい処置はできるだけ行いません。
・治療開始直前に、クロルヘキシジンを用いてうがいをしていただきます。(アレルギーのある方はご申告ください。)
・マスクの着用、グローブの交換、治療チェアの消毒など平常時に行っている消毒・滅菌はもちろん、ドアノブの消毒やスタッフのフェイスシールド着用などの対策も加えます。
・予約の調整や、付き添いの方の制限などの対策により、待合室の混雑防止を試みます。

以上、ご不便をおかけする場面もあると思いますが、ご協力をよろしくお願いいたします。

院長 大塚 亮

Google +1
2020年6月19日

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。
16日のブログ記事にありますように、可能な対策をした上で平常診療に近づけております。

今月の終了症例から、「すきっぱを治したい」ということで来院された小学校高学年男児のケースをピックアップします。

No.15V-213

11歳
男性
≫治療前

下の前歯は、上の前歯の舌側(内側)の歯茎に咬み込んでしまっていました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1

第一期治療では咬合挙上板という取り外し式装置にとても良く反応してくれたました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

第二期治療は、そのまま非抜歯で継続することができました。マルチブラケット装置を上の前歯以外のすべての歯に装着し、仕上げを行いましした。治療費はI期・II期治療を併せて、80万円でした。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

ちょうど下あごの成長が大きくなるよりも前の時期からI期治療が開始できたため、 II期のマルチブラケット装置による全体的な治療は、スムーズに進みました。
わずかに上下顎の歯並びの前後的なずれが残りそうだったので、DPRという特殊なバネの装置を短期間使用しています。
歯がとても大きい方には当てはまりませんが、前後的(出っ歯)上下的(前歯の重なりが大きい)ずれは、成長期に取り掛かるとこの患者さんのようにスムーズに非抜歯で治療が可能な場合があります。

Google +1

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1