« 2018年5月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2016年2月20日

アディーレ法律事務所の消費者庁行政処分のニュースを見て

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

ニュースで、利息の過払い金返還訴訟で有名だというアディーレ法律事務所が、処分を受けたというニュース
過払い金の返還請求などを手がける東京の法律事務所が、着手金が無料になるキャンペーンを1か月間の「期間限定」と表示しながら、実際には5年近く続けていたのは景品表示法に違反するとして、消費者庁は再発防止を命じる行政処分を行いました。
を見ました。

それについて紀藤弁護士がブログ記事を書かれていたのですが、「実際、4年10カ月の間、期間限定キャンペーンを続けていたというのは、あまりにも露骨な景表法違反であり、とても悪質だろうと思います。」とのコメントしていました。

弁護士も法曹人口増加の政策を受けて数が増えたので、
「食うに困って着手金欲しさにどんな案件でも受ける弁護士が出現している」と、とある雑誌に書いてあってゾッとしたことがありましたが、このアディーレ法律事務所は支店(?)を全国に抱える大手さんだそうで、食うに困る零細があれば、このようなえげつない広告を打ってでもクライアントを集める大手が出てくるというのは、どの業界にも共通した問題でしょうか・・・

テレビCMで「過払い金の返金ならxxx!」というのを確かに良く耳にします。
もちろん払い過ぎた利息ならば取り返したいのは人情ですし、借りた側の権利でしょう。
しかし、どこかで「テレビCM 打ってまで、客集めたい程おいしいんだ」と思わずにはいられず、
そして、「テレビCM打ってまで、過払い金で困っている人を助けてあげたいんだな」、とは決して思えず、
どこか釈然としない気持ちになるのは僕だけでしょうか。(苦笑)

日本矯正歯科学会も、過大広告や「キャンペーン価格」を医院サイトに表示することがないよう、注意喚起を促していますが、矯正治療=美容外科と同じ、とみなされないよう、消費者庁から行政処分など受ける矯正専門医など出てこないよう、襟を正さないといけません。


Google +1
2016年2月17日

3月より

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

医院サイトのトップページほかでも告知させていただいておりますが、
副院長・大隈が3月から6月(予定)にかけて産休を取得させていただく予定です。

代診のドクターをできるかぎり手配しておりますが、
初診相談・検査・診断などの私のみ対応可能な内容に関しましては、予約枠を減らして対応させていただく必要がございます。

予約がとりずらくなるなど、 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

当日予約や、当日の時間変更に関しましても対応ができない可能性が高いため、
こちらも併せてご了承ください。

Google +1
2016年2月16日

成長期に治療した受け口の治療

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。最近更新が滞りがちですいません。

今月の終了症例一覧から、今回は治療開始前9歳の男子の反対咬合(受け口)の治療例を解説します。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  •  
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
  • 前歯が完全に反対咬合(受け口)になってしまっています。また上あごが狭いため、側切歯(2番目の前歯)のはえてくる場所も不足しています。

≫治療中
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
  • この写真の状態まで改善したところで第一期治療を終えました。おおまかに言って、成長のピーク=身長の伸びのピーク=下アゴの伸びのピークですので、この後また下アゴが伸びて反対咬合になってこないか見極めが重要です。中学入学後もしばらく経過観察していました。

≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
  • 15歳になる少し前に再検査し、第二期治療を開始しました。写真のようにとてもきれいになりました。

下顎前突・反対咬合(受け口)は、骨格的な原因がどのくらいあるのか、成長があっても大丈夫か、など注意しないといけないポイントがいくつかあります。乳歯の時期に治してしまったらあとはまったく問題ない、ということも多々ありますが、そうでないこともしばしばありますので、あまり安直に治療方法を決めないことが重要だったりします。

Google +1

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1