« 2018年5月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2015年8月24日

メイクの変遷

さいたま市大宮区 ソニックシティ12F 矯正歯科専門のファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

最近僕のFacebookのTLで、2020年 未来のメーキャップを大胆予測!という記事が紹介されていました。

2020年はこんなメークが流行っているのでは、という記事なのですが、
僕としてはその予測よりも、

【1920年~1950年代/西洋文化・銀幕女優への憧憬】
【1960年~1970年代/西洋人顔への憧憬と模倣】
     ・
     ・
【1990年代後期~現在/空前の美容ブーム到来・日本独自のトレンド形成・進化】

という年代別に、それぞれの時期のメークをすべて同じモデルさんに施してある写真、
つまり過去から現在までの変化の方が興味深く思えました。

さて、下に並べた3枚の写真。それぞれいつの年代のメークでしょうか?

1920.jpg 2000.jpg 80.jpg

(写真は資生堂サイトより引用)

正解は







左から
【1920年代/大正ロマンのモダンガール】
【2000年代中期~後期/モテ気分の盛化粧】
【1980年代後期~1990年代初期/バブル期のワンレン・ボディ・コン にわかお嬢様】
だそうです。

矯正歯科の目指す咬合に、時代のトレンドがあるかどうかは一概にはあるともないとも言えないところではありますが、
10年ごとの時代であってもこれほど「求められる美しさ」が変化していることは、矯正医は肝に銘じないといけないかもしれませんね。(笑)

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.familia-ortho.or.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/467

ファミリア歯科矯正
院長・歯学博士 大塚 亮

院長・歯学博士 大塚 亮

大宮区(さいたま市)の歯医者・矯正歯科ならファミリア歯科矯正にお任せください。当院では、「美しい歯並び」と「健康な噛み合わせ」をすべての患者さんに提供するために日々努力しています。

Google +1