当院が採用する治療方法【マルチブラケット法】

エッジワイズ法

歯を動かすためには、ワイヤーを使って歯に装着されている金具(ブラケット)を通じて一定の力を与えることが必要です。しかし矯正を必要とする歯並びは、凸凹だったり、捻れていたり、傾いていたり、患者さん一人ひとり、それぞれに異なっています。

きれいな歯並びにするには、そういった凸凹や捻れ、傾きなどに合わせて金具の位置やワイヤーを調整する必要があります。しかし、ブラケットの形は平均に合わせて作られているため、個々の患者さんの歯並びに対して、細やかなアプローチをすることは難しくなります。

当院では一人ひとりの患者さんに合わせてワイヤーを調整しています。歯1本1本の形、傾きに合わせてワイヤーの角度や形状を微妙に調整することで、より効率的で効果的な治療を行います。

当院がマルチブラケット装置とワイヤーによるマルチブラケット法をベーシックな治療法として推奨する理由ワイヤー矯正
マルチブラケット法は、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。

従来のマルチブラケット法では、金属製のブラケットやワイヤーが主流だったため、"ギラギラして目立つ"という印象が強く、そのデメリットを避けるために、その他のさまざまな矯正装置が開発されてきたと言えるかもしれません。

しかし、3次元的かつ精密に歯の移動をするには、マルチブラケット法が最も有効だと思われます。最近では、不正咬合の一部はマウスピース矯正などで矯正治療を行うことも可能となりましたが、あらゆる不正咬合の歯列矯正に対応可能なのはマルチブラケット法のみであると考えています。

目立ちにくいブラケットを使用目立ちにくいブラケット
マルチブラケット装置の最大のデメリットは、目立つ歯の表面に矯正装置を装着しなければならないことですが、近年では、白や透明、半透明の素材を用いたブラケットが登場し、マルチブラケット装置による治療も、できるだけ目立たないように行うことが一般的となっています。

当院でも、透明で目立たないブラケットを用いています。個々の患者さんの状態やご希望に合わせて、前から3~4本目までの一番目立つ部分にはクリアな素材(強化プラスチックなど)のブラケットを用い、奥歯には壊れにくい金属製のブラケットを用いています。

技術革新が進み、応用範囲も広がったマルチブラケット装置
マルチブラケット装置が開発された最初期や日本に導入されたばかりの頃は、ブラケットを取り付けたバンド(金属の環)をすべての歯にはめていく、「全帯環装置」というものでした。現在では、歯科用接着技術の発達により、歯の表面に直接ブラケットを接着させるボンディング法が一般的です。当院では、第一大臼歯や接着が困難な歯を除いて、ほとんどの歯にボンディングにより装置を装着しております。
またワイヤーについても、Ni-Ti 合金や極細径ワイヤーの登場により、マイルドな力で歯を移動することができるようになり、過去の治療に比べて強い痛みが出にくくなっています。

これにより、以前の方法以上に歯の移動のコントロールがしやすくなっています。また、装置の改善や進化は目覚ましく、ブラケットの小型化が進み、摩擦の少ないブラケット(セルフライゲーションブラケット)なども、患者さんの状態に応じて使い分けております。

当院では、基本的には表側矯正による効果の高い治療をスタンダードと考えていますが、"より装置を目立たなくさせたい"という方には、ホワイトワイヤーの使用やセルフライゲーションブラケットを使用した舌側(裏側)矯正、マウスピース型矯正装置も使用しております。

2015年6月1日より当面の間、土曜日および平日17:00以降の繁忙時間帯における舌側(裏側)矯正治療の検査・治療開始を中止させていただきます。

痛みを和らげ、軽減するための工夫をしています

痛み軽減矯正治療では、矯正用ワイヤーなどによって歯根膜に圧力をかけて歯を動かしていくため、歯が締め付けられるような痛みが発生します。この痛みを軽減させるには、与える力を抑えて、穏やかな力でゆっくり動かすことが理想です。この「適度で穏やかな力」をできるだけ使えるように工夫をしています。

当院では、患者さんが苦痛を伴うことなく矯正治療を受けていくことができるよう、さまざまな配慮をしています。

弱い力で歯を効率よく動かす
「強く引っ張ると早く矯正できる」と思っている方が多いかもしれませんが、実際には、弱い力でも歯は充分に動きますし、強すぎる力は、かえって歯の動きを遅くしてしまうことも判明しています。そこで当院では、最低限必要な弱い力で歯を動かしていく矯正治療を心がけています。

初めて装置を装着するときは、最も力の弱いワイヤーを使用。その後、歯の動き具合に合わせて徐々にワイヤーの力を強くするなど、緻密なコントロールを行います。また、矯正器具の装着の仕方やゴムのかけ方などにも注意を払い、個々の症状に合った治療を精密に行うことも、痛みを軽減することにつながると考えています。

【超弾性ワイヤー】ソフトな力加減が痛みを抑制超弾性ワイヤー
当院で使用しているワイヤーは、柔らかくて弾力に優れた素材です。さらには、設定温度を超えると元の形に戻ろうとする形状記憶合金の性質を利用した、形状記憶合金ワイヤーでもあります。

使用するときは、ワイヤーに理想的な歯並びの形を記憶させてから装着。体温で温められたワイヤーは、ゆっくりと元の形に戻ろうとします。つまり、形状記憶合金ワイヤーの弾性と性質を利用して、ソフトな力で"じわじわ"と歯を動かしていくので、痛みを和らげることができるのです。

【セルフライゲーションブラケット】の導入
セルフライゲーションブラケット従来の装置では、細い針金やゴムなどを使って歯を動かすワイヤーをブラケット(歯の表面に付ける装置)に固定していましたが、セルフライゲーションブラケットは、ブラケット自体がワイヤーを保持する構造をしています。

そのため、従来のブラケットに比べてワイヤーとブラケット間の摩擦抵抗(フリクション)が軽減され、スムーズに歯を移動させることが可能となりました。このため、歯の移動に伴う痛みが軽減し、治療期間の短縮に役立つことが期待されているシステムです。

当院で行っているその他のオプション

当院で行う矯正治療のメインは唇側(表側)のマルチブラケット装置によるワイヤー矯正ですが、ご希望や状況に合わせて、その他のさまざまな方法にも対応しています。

歯科矯正用アンカースクリュー/インプラントの使用インプラント矯正
歯科矯正用アンカースクリュー/インプラントとは「アンカー」と呼ばれる小さなスクリュー(小さなネジ、インプラント)を歯ぐきに埋入し、これを固定源として歯を引っ張ることで、効率的な歯列矯正ができる画期的な方法です。矯正の治療期間は、効率的に歯を引っ張り続けることができるため、従来よりも10~30%程度短くできることがあります。

歯ぐきに入れるスクリューの大きさは、ほんの数ミリしかありません(小さなピン程度だと考えてください)。麻酔を使って骨に埋入していくので、手術時も手術後にも痛みはほとんどありません。費用は1本につき25,000円+消費税です。

ホワイトワイヤー
歯の表面に付けるブラケットを透明なものにするだけでなく、白いワイヤーを用いる方法です。矯正装置が目立ちにくくなります。ワイヤーが白または歯に近い色にコーティングされているため、ギラギラとした金属色の反射を抑えることができることから「できるだけ目立たない方法で...」というご希望に対応するために導入しています。ただし「コーティングされていることから滑りが悪くなり、治療効率が若干下がる」「連続使用すると部分的にコーティングがはげ、目立ってしまうケースもある」といったデメリットもあります。
当院では、ご希望に応じて、ホワイトワイヤーを使用したステップ時のみ1本3,000円+消費税を頂戴します。写真撮影など特別なときにだけ選択される方も、治療期間を通じて選択される方もいらっしゃいます。

舌側(裏側)矯正裏側矯正
舌側矯正(裏側矯正/リンガルブラケット)は、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんどわからなくなる方法です。最も目立たない方法ですが「舌の違和感が強い」「治療期間が長くなる傾向がある」「歯を並べることが難しくなる」「治療費が割高になる」といったデメリットもあります。当院では、患者さんの治療の難易度に応じて、舌側矯正が可能かどうか判断させていただいております。

2017年8月1日より当面の間、土曜日および平日17:00以降の繁忙時間帯における舌側矯正治療の新規治療受付を当面中止させていただきます。平日早めの通院が可能な患者さんに限りお引き受けいたします。

マウスピース型矯正装置の使用マウスピース矯正
マウスピース型カスタムメイド矯正装置を使用して治療が可能な場合があります。主に、移動量が少ない場合は当院院内技工士作製のマウスピースや、上下一体型のトゥースポジショナー/ダイナミックポジショナーを使用します。移動量が多い場合は、アメリカ・アラインテクノロジー社のインビザライン Invisalign®を用いております。(インビザライン Invisalign®は薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。) インビザライン Invisalign®は、CAD/CAMの技術で「アライナー」という透明のマウスピースを一度に多数制作し、それを順を追って交換しながら歯を移動する方法です。1日20時間以上の装着が必要ですが、1~2週間ごとに新しいアライナーに交換しながら歯を徐々に移動させていきます。

ほかの矯正法とは違って装置が取り外し式ですし、ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちにくい方法でもあります。しかし歯の移動方向や移動の仕方によってマウスピース型装置が向いていないことがあり、ワイヤーを使った矯正との併用になる場合、マウスピース型装置では治療ができない場合もあります。

部分矯正
部分矯正とは、部分的に移動させたい歯だけを狙い、目的に応じて歯並びの不具合を改善する治療方法です。全体的な矯正が行えない、必要のない場合にのみ行うことができる治療です。

かかりつけ医の先生のご指示に基づき、一般歯科治療を行うことを前提として矯正治療を行います。「倒れた歯を起こしてブリッジ(固定式入れ歯)を作ることができるようにする」「前歯のクラウン(差し歯)をする前に隙間を少し減らしておく」などの治療を想定しています。
※「前に出ているのはこの一本だけなので、部分矯正でひっこめたい」というようなご要望をいただくことがありますが、全体のずれの結果一本だけが飛び出している場合が多々あります。この場合、部分矯正では治療が困難ですので、あらかじめご了承ください。

歯の移動の促進
動きにくい歯の移動を助けるために、外科的処置を加える方法があります。矯正治療を行う際に、歯の周囲にある骨改造速度の遅い骨(皮質骨)を一部外科的に除去し、同時に残っている骨(海綿骨)に刺激を与えることで、骨改造速度を上げ、短期間に歯を動かすことを試みます。

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。