当院で行っているその他のオプション

当院で行う矯正治療のメインは唇側(表側)のマルチブラケット装置によるワイヤー矯正ですが、ご希望や状況に合わせて、その他のさまざまな方法にも対応しています。

歯科矯正用アンカースクリュー・インプラント矯正インプラント矯正
インプラント矯正とは「アンカー」と呼ばれる小さなスクリュー(小さなインプラント)を歯ぐきに埋入し、これを固定源として歯を引っ張ることで、効率的な歯列矯正ができる画期的な方法です。矯正の治療期間は、効率的に歯を引っ張り続けることができるため、従来よりも10~30%程度短くできることがあります。

歯ぐきに入れるスクリューの大きさは、ほんの数ミリしかありません(小さなピン程度だと考えてください)。麻酔を使って骨に埋入していくので、手術時も手術後にも痛みはほとんどありません。費用は1本につき25,000円+消費税です。

ホワイトワイヤー
歯の表面に付けるブラケットを透明なものにするだけでなく、白いワイヤーを用いる方法です。矯正装置が目立ちにくくなります。ワイヤーが白または歯に近い色にコーティングされているため、ギラギラとした金属色の反射を抑えることができることから「できるだけ目立たない方法で...」というご希望に対応するために導入しています。ただし「コーティングされていることから滑りが悪くなり、治療効率が若干下がる」「連続使用すると部分的にコーティングがはげ、目立ってしまうケースもある」といったデメリットもあります。

当院では、ご希望に応じて、ホワイトワイヤーを使用したステップ時のみ1本3,000円+消費税を頂戴します。写真撮影など特別なときにだけ選択される方も、治療期間を通じて選択される方もいらっしゃいます。

裏側矯正裏側矯正
裏側矯正(舌側矯正/リンガルブラケット)は、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんどわからなくなる方法です。最も目立たない方法ですが「舌の違和感が強い」「治療期間が長くなる傾向がある」「歯を並べることが難しくなる」「治療費が割高になる」といったデメリットもあります。当院では、患者さんの治療の難易度に応じて、裏側矯正が可能かどうか判断させていただいております。

2015年6月1日より当面の間、土曜日および平日17:00以降の繁忙時間帯における裏側矯正治療の検査・治療開始を中止させていただきます。

マウスピース矯正マウスピース矯正
マウスピース矯正とは「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。約2週間ごとに新しいアライナーに交換しながら1日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。主に、アメリカ・アラインテクノロジー社のInvisalignを用います。

ほかの矯正法とは違って装置が取り外し式ですし、ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちにくい方法でもあります。しかしこの方法で矯正可能なのは、比較的簡単な症状に限られることが多く、状況によっては、通常のワイヤーを使った矯正との併用になる場合もあります。また、治療費用はマルチブラケット装置とワイヤー矯正よりも割高になる場合が多くなります。

部分矯正
部分矯正とは、部分的に移動させたい歯だけを狙い、目的に応じて歯並びの不具合を改善する治療方法です。ブラケットとワイヤーを部分的に使用するほか、透明なマウスピース装置を使って治していく方法もあります。

一般歯科治療を行うことを前提として前歯の隙間を減らしたり、倒れてしまっている歯の根の状態を整えたりするなどの場合があります。全体的な矯正が行えない、必要のない場合にのみ行うことができる治療です。

スピード矯正
スピード矯正(コルチコトミー併用、コルティシジョン併用)とは、矯正治療を行う際に、動かす歯の周囲にある骨改造速度の遅い骨(皮質骨)を一部除去し、同時に残っている骨(海綿骨)に刺激を与えることで、骨改造速度を上げ、短期間に歯を動かす矯正治療の手法です。

通常の歯列矯正には「数年」という治療期間がかかりますが、スピード矯正の場合は、矯正装置のみで治療する場合と比べて、10~40%治療期間を短縮できる場合があります(個人差があります)。ただし「外科手術を伴う」「矯正装置の治療より費用がかかる」といったデメリットもあります。当院では、コルチコトミー手術は、提携医院で行います。また裏側(舌側・リンガル)装置でのスピード矯正は行いません。

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。