2019年4月

No.12V-195

主な症状:
開咬
その他の症状:
上顎前突
年齢:
10歳
性別:
女性

治療にかかった費用:
85万円

前歯で物をかめるようにしたい、ということで来院されました
強い開咬(前歯が咬み合わない)の小学生女子でした。一期治療でMFTで舌の訓練をしたり、ハビットガードを使用していました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

二期治療は、小臼歯を4本抜歯してマルチブラケット法で行っています。継続的な舌の訓練が必要なケースです。マルチブラケット装置の装着期間は、2年半強でした。
開咬の原因には舌の癖が関係していることが多いため、術後も舌の癖が残っていると再発のリスクが高い不正咬合です。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-217

主な症状:
上下顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
12歳
性別:
男性

抜歯部位
上:
44
下:
44

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
20万円

引っ込んでいる歯を前に出してほしい、ということで来院されました。
中1での初診時に、まずは引っ込んでいた左上の側切歯(2番目)をリンガルアーチで前に出しました。その後1年半ほど成長の様子をみて、小臼歯を抜歯して引っ込めるか、非抜歯で継続するかを再診断しました。
ご本人・ご家族のご要望により、非抜歯で完成させました。マルチブラケット装置の装着期間は約1年半でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.16V-078

主な症状:
叢生
年齢:
15歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
4CC4
下:
55

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
85万円

歯がおかしなところから生えてきたので診てほしい、ということで来院されました。
犬歯(赤、本来3番目)が、4-5番目の小臼歯の間に生えてきてしまいました。
そのため、乳歯の犬歯(黄色)が残ってしまい、ひどい叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)になっています。下の歯ならびもギュウギュウ状態でしたので、小臼歯を4本抜歯してマルチブラケット装置により治療しました。2年6か月の治療期間でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-603

主な症状:
上下顎前突
その他の症状:
開咬
年齢:
18歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
44

主な使用装置:
FEA 022
治療にかかった費用:
85万円

前歯を引っ込めたい、ということで来院されました。
骨格的にはやや下あごが後方にひけていて、上下の前歯が前突している上下顎前突の成人女性の治療です。
上下左右小臼歯を計4本抜歯し、歯科矯正用アンカースクリューを併用したマルチブラケット法で治療を行いました。約2年半の治療期間でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-179

主な症状:
開咬
その他の症状:
側方偏位
年齢:
20歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
|8

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
保険

受け口を治し、前歯で物が噛めるようにしたい、ということで来院されました。
骨格性の下顎前突(受け口)、開咬(前歯が咬み合わない)の治療です。
上の左右小臼歯、左下の親知らずを抜歯して、マルチブラケット装置を用いて外科的矯正治療を行いました。約3年半の治療期間が必要でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

外科的矯正治療には、矯正治療単独で行った場合のリスクや副作用に加えて、外科手術のもつリスクがあります。
全身麻酔や入院の必要性、術後の疼痛や顔の腫れ、手術部位周囲の感覚麻痺などがそれにあたります。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.16V-311

主な症状:
上顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
12歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
54

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
85万円

前歯を引っ込めたい、ということで来院されました。
非常に強い上顎前突(出っ歯)で、かみ合わせも深い難しい症例でした。上下左右の小臼歯を計4本抜歯して、歯科矯正用アンカースクリューを併用したマルチブラケット装置により治療を行いました。治療期間は23か月、治療費は85万円+税でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-116

主な症状:
叢生
年齢:
22歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
88

主な使用装置:
Invisalign
治療にかかった費用:
85万円

前歯のでこぼこを治したい、ということで来院されました。カスタムメイドマウスピース型矯正装置の一つである、インビザライン/Invisalign®(薬機法および医薬品副作用被害救済制度の対象外)を用いて治療を行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

途中来院が途絶えて不定期になったり、スムーズな治療経過とは言い難かったものの、3年間の治療で無事に終了しました。
一時期前歯の歯ぐきに近いところに固定式金具を併用しました。

※注意※ インビザライン Invisalign®は、国外のアライン社工場で製造されたマウスピースを輸入する形式となるため、国内では未承認器材扱いであることです。このため、薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。ただしすでに我が国を含む海外の多数の国で矯正治療に用いられております。当院では、症例を選んで選択させていただいておりますので、インビザライン使用のご希望に添えない場合もございます。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.16V-271

主な症状:
叢生
その他の症状:
上下顎前突
年齢:
18歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
8448

主な使用装置:
FEA 022
治療にかかった費用:
85万円

歯並びを治したい、ということで来院されました。
左上の八重歯と側切歯(2番目)の舌側転位(内側へのズレ)、下の前歯の叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の治療をしました。
第一小臼歯4本を抜歯し、上あごはつっかえ棒に相当する装置で奥歯を固定しながら、マルチブラケット装置できれいに排列しました。2年4か月の装置装着期間でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.11V-308

主な症状:
反対咬合
その他の症状:
叢生
年齢:
15歳
性別:
男性

抜歯部位
上:
55
下:
8558

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
30万円

かみ合わせを治したい、ということで来院されました、骨格性下顎前突(受け口)の顎変形症患者さんです。上下左右の小臼歯と、智歯(親知らず)を抜歯して、マルチブラケット法で排列を行った後に外科治療を行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

治療期間は3年半でした。
外科的矯正治療には、矯正治療単独で行った場合のリスクや副作用に加えて、外科手術のもつリスクがあります。
全身麻酔や入院の必要性、術後の疼痛や顔の腫れ、手術部位周囲の感覚麻痺などがそれにあたります。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-242

主な症状:
側方偏位
その他の症状:
叢生
年齢:
9歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
88
下:
88

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
30万円

前歯が引っ込んでいるのを出してほしい、ということで来院されました。
上の歯並びが特に狭く、叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)でした。上顎急速拡大装置とマルチブラケット装置を併用して、排列を行いました。拡大がうまくいったので、小臼歯を抜歯せずに治療が完了しました。
治療期間は約2年半でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。