2018年8月

No.14V-341

主な症状:
反対咬合
その他の症状:
叢生
年齢:
11歳
性別:
女性

主な使用装置:
Section
治療にかかった費用:
25万円

受け口と歯のでこぼこを治したい、ということで来院されました。下顎前突(受け口)と開咬(前歯が咬み合わない)に加えて、右上の大臼歯のずれが大きい状態でした。
まだ成長のピークの前の小学生だったため、部分的に大臼歯の位置のみ改善しました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1

第二期は非抜歯のマルチブラケット治療を行いました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

治療後は、歯並び・かみ合わせともきれいに改善しています。二期のマルチブラケット装置の装着期間は、約1年半ですみました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.10V-377

主な症状:
反対咬合
年齢:
8歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
non
下:
non

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
42万円

右上の前歯1本が逆に噛んでいるので治したいとのことで来院されました。
上の歯並びの歪み、前歯の反対咬合を第一段階で治療しておきました。左上はクラウンループというつっかえ棒を入れて、出てくるのが遅かった歯の場所の確保もしておきました。
あごの成長と歯の生え変わりを経過観察してから、仕上げを非抜歯治療で行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-661

主な症状:
開咬
その他の症状:
叢生
年齢:
21歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
8448
下:
8448

主な使用装置:
Lingual FEA
治療にかかった費用:
90万円

前歯で物が噛めないのを治したい、八重歯を治したい、ということで来院された成人女性です。重度の開咬(前歯が咬み合わない)症例でした。上下左右小臼歯計4本の抜歯と歯科矯正用アンカースクリューを併用して、マルチブラケット法により治療を行いました。開咬の治療には、前歯だけでなく奥歯の位置の調整も重要です。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

治療期間は2年、開咬の原因には舌の癖が関係していることが多いため、術後も舌の癖が残っていると再発のリスクが高い不正咬合です。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-466

主な症状:
過蓋咬合
その他の症状:
欠損歯
年齢:
24歳
性別:
女性

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
保険

子供の歯が残っているところを何とかしたい、かみ合わせを治したい、ということで来院されました。乳歯が一本残っていて、下の前歯が一本先天欠損、上の大臼歯にも欠損もしくは形態異常(どちらかははっきりしません)を有していました。
マルチブラケット法を利用して、乳歯の下で出てこれずにいた永久歯を引っ張り出したり、かみ合わせを整えたりしました。マルチブラケット装置の装着期間は、約2年半でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

下の前歯は一本欠損しているため、3本の前歯の中間が正中になるよう治療を行っています。
埋伏歯(埋まっている歯)の治療では、条件によって引っ張り出すことができないリスクがありますが、本ケースでは問題なく出すことができました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.08V-240

主な症状:
上顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
08歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
55

主な使用装置:
2x4
治療にかかった費用:
40万円

前歯をひっこめたい、ということで来院された、小学生女児です。上顎前突(出っ歯)を、一期・二期に分けて治療しました。

≫治療前

前歯が前方に傾斜していること、下あごが後退していること、の二つの要因があるため、かなり強い出っ歯です。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1

小学生の間に、取り外し式の装置を使って上下の歯並びとアゴの前後的ずれを、できるだけ減らしておきました。歯のサイズが大きく、第二期では小臼歯の抜歯が必要となりました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

2年半のマルチブラケット装置による治療により、口元もすっきりし、安定したかみ合わせができました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.12V-092

主な症状:
叢生
その他の症状:
側方偏位
年齢:
13歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
55

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
15万円

八重歯とかみ合わせを治したい、ということで来院されました。叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の患者さんです。
かみ合わせが不安定だったため、スプリントというアゴの位置を修正するマウスピースを使用してから、小臼歯抜歯と歯科矯正用アンカースクリューを併用するマルチブラケット法により治療を行いました。治療期間は、トータルで3年半と長くかかりました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

顎位(下あごの位置)・咬合(かみ合わせ)が不安定な状況のままで矯正治療で歯を動かすと、「どこで咬んでいいかわからない」という状態になるリスクがあります。
当院では、不安定さを勘案しながら治療方針を決めており、患者さんによってはスプリント療法というやや大きいマウスピースを使って正しいアゴの位置を決めてから、歯を動かし始める場合があります。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.16V-292

主な症状:
側方偏位
その他の症状:
叢生
年齢:
15歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
non
下:
non

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
82万円

かみ合わせを治したい、ということで来院された、高校生の患者さんです。下顎の左側偏位(左ずれ)があるため、左の側方歯(横の歯)が横にずれて咬んでいました。
マルチブラケット法を利用して16か月ほど、非抜歯で矯正治療を行いました。治療期間は1年5か月でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-193

主な症状:
上顎前突
その他の症状:
開咬
年齢:
23歳
性別:
女性

抜歯部位
上:
44
下:
844 |1

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
90万円

引っ込んでしまっている右上の前歯や、下のガタガタを治したい、ということで来院されました。
上下とも強い叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)で、上下の顎のずれも大きい成人患者さんでした。歯ぐきの状態などを考慮し、上を左右第一小臼歯、下は前歯を一本だけ減らすthree incisorsで変則的な対応をしました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

マルチブラケット装置による治療期間は2年4か月した。でこぼこが著しく強かった下の歯の歯肉退縮が、やや強くなってしまいました。今後も継続的な管理が必要です。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-585

主な症状:
空隙歯列
その他の症状:
上顎前突
年齢:
22歳
性別:
女性

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
82万円

前歯を引っ込めて、隙間を無くしたい、ということで来院されました。上顎前突(出っ歯)の患者さんです。上の側切歯(2番目)や第二大臼歯(7番目)が小さいという問題があったので、非抜歯で歯科矯正用アンカースクリューを支えにして、マルチブラケット装置で上の歯列を後方に移動して治療を行いました。
治療期間は2年4か月でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-335

主な症状:
叢生
その他の症状:
欠損歯
年齢:
14歳
性別:
男性

抜歯部位
上:
22
下:
8558

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
82万円

でこぼこを治したい、とのことで来院されました。
非常に強い叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の患者さんです。
凹凸があまりに大きかったからなのか、おそらく犬歯(3番目)がはえる時に引っこんでいる側切歯(2番目)の根にぶつかりながらはえてきて、当たった部分が溶かされてしまっていると考えます。
マルチブラケット装置を使用して、2年8か月の治療期間。費用は82万円でした。

≫治療前

「前歯の関係等」にあるレントゲンで、側切歯の歯根吸収がはっきりと写っています。右(向かって左側)は、2/3ほど根が溶けてしまっていて、移動させるどころか長く使うのも難しいと思われます。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

上は、歯根の吸収されている側切歯を左右とも抜歯して、犬歯を2番目に、4番目の第一小臼歯を3番目に、と一本ずつずらして排列することにしました。
下は、それほど凸凹はありませんが、少し下の前歯を内側に入れてあげるため、また奥歯のかみ合わせを改善するために、第二小臼歯(5番目)を抜歯した上でマルチブラケット法により治療しました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-511

主な症状:
叢生
その他の症状:
上下顎前突
年齢:
21歳
性別:
男性

抜歯部位
上:
55
下:
8448

主な使用装置:
FEA
治療にかかった費用:
85万円

歯並びのがたがたを治して、きれいにしたいということで来院されました。歯列狭窄(狭い歯並び)と、下顎前突を有している叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の成人男子患者さんです。
上の第二小臼歯(5番目)、下の第一小臼歯(4番目)の抜歯を伴うマルチブラケット法により治療を行いました。約2年半の治療期間でした。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。