2018年2月

No.14V-322

主な症状:
叢生
その他の症状:
下顎前突
年齢:
15歳
性別:
女性

骨格的な下顎前突(受け口)傾向が強く、右に完全な八重歯があって、正中が右に偏位している中学生女子の治療です。
小臼歯を抜歯するタイミングを上下左右で変えながら治療し、正中もきちんと顔の真ん中に一致して仕上がっています。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.09V-321

主な症状:
叢生
その他の症状:
上顎前突
年齢:
10歳
性別:
女性

小学生で治療を開始したときは、犬歯の入る場所が全くない、重度のスペース不足と奥歯のずれがありました。

≫治療前

写真を見ると、一見きれいに並んでいるようにみえますが、本来片側6本ずつ並んでいないといけない時期なのに、5本ずつしかありません。犬歯(前から3番目)のはえる場所が全くない状態です。やや上の前歯を上に移動したり、準備の矯正を一部だけ行いました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1

上の写真は第二期に入ったところです。
永久歯の歯並びが完成する直前に、奥歯を後ろに下げて、小臼歯を抜歯せずに場所を確保することを目的として、ペンデュラムアプライアンスという装置を使いました。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後

ちょうどよい時期から来院してくださったので、非抜歯で28本のかみ合わせが完成しました。
非抜歯でも、無理な横方向への拡大がないこと、奥歯の後面までしっかり歯茎から出ていることが重要です。

  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.10V-402

主な症状:
空隙歯列
その他の症状:
欠損歯
年齢:
9歳
性別:
女性

右上の側切歯(2番目)が先天欠損(生まれつき無い)、左上の側切歯は矮小歯(小さい歯)となっていました。
矯正治療を行ってから、上の側切歯二本に対して、補綴(歯を補う、形を変更する)処置を行っています。。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.10V-248

主な症状:
叢生
その他の症状:
上顎前突
年齢:
7歳
性別:
女性

強い前歯のねじれがあったため、第一段階の治療を行いました。
その後経過観察をしたところ、右の第二大臼歯(一番奥の歯)がすれ違って生えてしまったのと、軽度の叢生だけ問題点が残りました。部分的なマルチブラケット装置と、マウスピース型の取り外し式装置で治療が完了

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療中 ステップ1
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.14V-141

主な症状:
開咬
年齢:
26歳
性別:
女性

中学生から高校生にかけて、小臼歯を抜かずに拡大で矯正治療を行った経験があるそうです。
当院での診断時では、上下顎前突(口元が出ていること)で叢生(でこぼこ、ガタガタ)も後戻りをしていたため、小臼歯抜歯を併用してマルチブラケット法にて治療を行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.14V-076

主な症状:
上顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
13歳
性別:
男性

中学2年生の来院時は、上顎前突(出っ歯)と叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の状態でした。
狭い歯列の拡大をして様子をみていたのですが、奥歯がちゃんと出てくることができずスペース不足が明らかになったため、上下小臼歯抜歯でマルチブラケット治療をしました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.14V-410

主な症状:
叢生
年齢:
12歳
性別:
女性

叢生(でこぼこ、凹凸、ガタガタ)の治療です。マルチブラケット法により、小臼歯4本を抜歯して治療を行いました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-320

主な症状:
叢生
年齢:
48歳
性別:
男性

非常に強い叢生(でこぼこ、凹凸)で、歯周により歯茎の下がりもあったため、慎重な治療計画が必要でした。
歯や歯茎のコンディションが悪化していることが増えますので、成人の治療は難しくなりがちです。
歯磨きがしやすくなったことをとても喜ばれておりました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.13V-551

主な症状:
過蓋咬合
その他の症状:
欠損歯
年齢:
13歳
性別:
女性

下の前歯が一本先天欠損(生まれつき少ない)していて、過蓋咬合(深いかみ合わせ)を呈していました。
下の前歯部に一本補綴(歯を補う)のは困難なため、上は14本・下は13本でかみ合わせを完成させることを目指しました。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-323

主な症状:
叢生
年齢:
44歳
性別:
女性

カスタムメイドマウスピース型矯正装置の一つ、インビザラインを使用して治療した患者さんです。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-082

主な症状:
下顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
45歳
性別:
女性

下顎前突(受け口)傾向のある成人女性患者さんです。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

No.15V-313

主な症状:
上顎前突
その他の症状:
叢生
年齢:
20歳
性別:
女性

強い上顎前突(出っ歯)だったため、上の小臼歯を抜歯して、大臼歯については前にずれないように歯科矯正用アンカースクリューを頬側(外側)に使用しました。
上顎前歯歯根(根の先)に少し吸収が生じましたが、前歯の移動量が大きかったため許容範囲内と考えています。

≫治療前
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側
≫治療後
  • 上顎上顎
  • 下顎下顎
  • 前歯の関係など前歯の関係など
  • 右側右側
  • 正面正面
  • 左側左側

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。