2020年10月26日

矯正治療に伴うリスクや副作用はありますか?

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用についてご説明します。

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。(数日~1、2 週間で慣れることが多いです。)
② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えてくることがあります。
⑤ 歯を動かすことにより歯の根が吸収して短くなること(歯根吸収)が生じる可能性があります。
⑥ 歯を動かすことにより歯ぐきがやせて下がること(歯肉退縮)が生じる可能性があります。
⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
⑭ 装置が外れた後、保定装置(リテーナー)を所要時間使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。
⑱加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
⑲ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

日本矯正歯科学会「矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用」より改変・転載

2020年10月20日

今月の治療終了症例一覧

現在、2020年9月分・10月分を除いて、日本矯正歯科専門医機関規定に合わせて改修中です。

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。