大宮初の矯正専門医院として開業

大宮初の矯正専門医院

ファミリア歯科矯正は、前院長のDr.保母(2015年3月末日まで勤務)が1978年に当地で開業しました。その当時、大宮市では初の矯正歯科専門医院としての開業だったこともあり、非常に多くの患者さんと接しながら、たくさんの治療経験をさせていただいてきました。また、現在に至るまでに当院で研修・勤務された多くの先生方が、その経験を活かして全国各地で矯正専門医として活躍しています。

開院30年目の節目である2008年4月に、大学病院で10年以上にわたって矯正学の研鑽を積み、留学経験も有するDr.大塚が院長に就任しました。現在、日本矯正歯科学会専門医・指導医・認定医のすべての資格を有す院長の大塚と、同学会認定医である副院長の大隈、2名の常勤歯科医師に加えて、同学会認定医2名が非常勤医として患者さんに対応させていただいています。

また2009年4月より引き続き、同学会認定医を育成できる研修機関指定を受けています。

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。