痛みを和らげ、軽減するための工夫をしています

痛み軽減矯正治療では、矯正用ワイヤーなどによって歯根膜に圧力をかけて歯を動かしていくため、歯が締め付けられるような痛みが発生します。この痛みを軽減させるには、与える力を抑えて、穏やかな力でゆっくり動かすことが理想です。この「適度で穏やかな力」を充分に理解している医師の治療には、強い痛みを伴うことがありません。

当院では、患者さんが苦痛を伴うことなく矯正治療を受けていくことができるよう、さまざまな配慮をしています。

弱い力で歯を効率よく動かす
「強く引っ張ると早く矯正できる」と思っている方が多いかもしれませんが、実際には、弱い力でも歯は充分に動きますし、強すぎる力は、かえって歯の動きを遅くしてしまうことも判明しています。そこで当院では、最低限必要な弱い力で歯を動かしていく矯正治療を心がけています。

初めて装置を装着するときは、最も力の弱いワイヤーを使用。その後、歯の動き具合に合わせて徐々にワイヤーの力を強くするなど、緻密なコントロールを行います。また、矯正器具の装着の仕方やゴムのかけ方などにも注意を払い、個々の症状に合った治療を精密に行うことも、痛みを軽減することにつながっています。

【超弾性ワイヤー】ソフトな力加減が痛みを抑制超弾性ワイヤー
当院で使用しているワイヤーは、柔らかくて弾力に優れた素材です。さらには、設定温度を超えると元の形に戻ろうとする形状記憶合金の性質を利用した、最新の形状記憶合金ワイヤーでもあります。

使用するときは、ワイヤーに理想的な歯並びの形を記憶させてから装着。体温で温められたワイヤーは、ゆっくりと元の形に戻ろうとします。つまり、形状記憶合金ワイヤーの弾性と性質を利用して、ソフトな力で"じわじわ"と歯を動かしていくので、痛みを和らげることができるのです。

【セルフライゲーションブラケット】の導入
セルフライゲーションブラケット従来の装置では、細い針金やゴムなどを使って歯を動かすワイヤーをブラケット(歯の表面に付ける装置)に固定していましたが、セルフライゲーションブラケットは、ブラケット自体がワイヤーを保持する構造をしています。

そのため、従来のブラケットに比べてワイヤーとブラケット間の摩擦抵抗(フリクション)が軽減され、スムーズに歯を移動させることが可能となりました。つまり、歯の移動に伴う痛みが軽減し、治療期間の短縮に役立つシステムなのです。

カウンセリングを行っています

矯正の疑問・質問にお答えしています。お気軽にご相談ください。